<社名>   

一般社団法人 愛情信託支援協会 

 <愛称> SALA

私たちは 終活 と LOVINGTRUST(愛情信託)による サポートで
あなたと家族と財産を守るしくみづくりをお手伝いします

 

わが国は現在、⻑寿社会・超高齢社会と言われています。
そして それぞれの単語の頭にさらに「超」が付く時代へと変遷しつつあります。

もはや100歳を超えてもなお元気に生きていることが少しも珍しくない時代なのです。 「終活」がマスコミをはじめ多くの方に注目され、「終活」に取り組む方が増えています。 「終活」は超超高齢社会を生きていく上で自分自身のため、家族のために必須の活動と言っても過言では ありません。

では、「終活」を学び、その通りに活動すれば、大丈夫なのでしょうか? たとえば、財産管理面においては、「終活」を学ぶ過程で、法律の専門家(行政書士、司法書士、弁護士、 税理士等)に相談するよう提案されます。 そして、法律の専門家に相談されると多くの場合は次の様なアドバイスを受けるのでしょう。

・死後の円満な資産承継のために ⇒ 遺言書作成・死因贈与を
・判断力低下、認知症対策として ⇒ 成年後見制度の活用を
・隠居したい、家督相続させたい ⇒ 贈与税覚悟でどうぞ、家制度は廃止され不可
はい、すべて正解です。

今までの法律家は多かれ少なかれ このように回答していました。 しかし、超⻑寿社会、超超高齢社会では、このアドバイスでは⾜りないのです。 ご相談者の想いを実現させることができないのです。

 

・遺言書、死因贈与 ⇒ ご本人が死なないと法的効力が発揮されません

・成年後見制度の活用 ⇒ 本人保護と身上監護には優れていますが、財産管理面では 本人保護に特化するため、却って制約が多くなり不便です

・隠居・家督相続 ⇒ 疑似的ですが、贈与税を気にせず、実現させる方法があります 。

 

⻑寿になればなるほど、脳梗塞や認知症等により判断力低下のリスクも高まります。

例え遺言書が作成してあっても、ご本人がご存命では法的効力は発揮されない。 成年後見人が付いてしまうと、本人保護の大前提のもと、本人の財産すべて後見人と家裁によって凍結さ れてしまい、大切な財産の活用さえもままならなくなってしまう。 いずれも大切な制度なのですが、これだけでは超⻑寿社会、超超高齢社会では、ご本人の思いを叶えるこ とができない場合があるのです。

 

では、どうすればいいのでしょう?

 

そこでご提案したいのが、「LOVINGTRUST」(愛情信託)です。 これは「⺠事信託」とか「家族信託®」とも呼ばれています。 わが国では、まだまだ認知度も低く、対応できる専門家も極めて少ない状態ですが、今後その利便性、 自在性から どんどん普及していくものと思います。 これは、ご本人がお元気な時に設計の上、設定しておけば、将来 仮に認知症になって判断力が大幅に低 下しても、お亡くなりになっても ご本人の思い通りに財産を承継させることができる仕組みです。

 

私たちは「終活」と「LOVINGTRUST」(愛情信託)は切っても切り離せない関係にあると考えています。 どうぞ、終活と相続・信託に精通した専門家集団である当社に なんでもご相談ください。 心を込めて、ご一緒にあなたの「終活」と家族と財産を守るしくみづくりをお手伝い致します。

 

私たちは 終活 と LOVINGTRUST(愛情信託)による サポートで
あなたと家族と財産を守るしくみづくりをお手伝いします

 

SALA(当社の愛称)以下の思いから 社名とは別に愛称として名付けました
 

hukatsu nd ovingtrust ssociation
また、医療の世界に「先進医療」があるように 先端の法務知識を 先進法務 (Advanced Legal Affairs)を駆使し、終活と融合して、 お役に立ちたいという思いから 次の意味も含まれています 。

hukatsu & dvanced egal ffairs